So-net無料ブログ作成
メッセージを送る

18日NY3日目 [旅]

8時半に起きる予定でしたが、朝6時頃目が覚めたのだけれど、昨日の途中でダウンがあったので、ゴロゴロ。
それでも結局8時には起きて身支度し、なんだかんだと、9時にはホテル出発。
今日は、アッパーウエストにある「Cafe Lalo」というお店へ。
映画「You've Got Mail」で出てきたお店らしい。
何回か観たのだけれど、出てきたカフェは朝立ち寄るスタバしか覚えてない(^^;;

カフェは外開き窓が開けられていて、開放感かつ爽やかな感じ。
1人なら小さいテーブルなら好きな所へどうぞと言われたので、お店全体が見渡せる席に。
ニューヨークブレックファーストを注文。15$でコーヒーか紅茶が選べる。

ちょっと印象に残ったので、店員さんの制服レポ。
店員の女の子の制服が、薄いピンクのくるぶしまでのレギンスに黒の超ミニスカートで、お店のロゴの入ったタンクトップか、ノースリーブのTシャツで、スカートと同じ長さの前掛けをしていた。
スタイル良くないと、映えないですね。って思った。
因みに、ニューヨーカーは、長袖やトレンチコートを着てますが、お店で働いている時って、結構半袖でも寒くなかったりするのよね。

先にコーヒーが来たのだけれど、カフェ・オ・レサイズのカップで、とても大きい!!(笑)
ヨーロッパのカフェのように、チョコレートもついていました。
ベーグル、実はあまり好きじゃ無かったのだけれど、NYのは日本のと違うと聞いていたので、食べてみて正解!しっとりもちもち、サクッと。
サーモンとクリームも美味しい♪

image-20111008004126.png

日曜は9時OPENらしいのだけれど、9時半ぐらいに来た時は、まだ一桁だったお客さんが、10時頃から増え始め、10時半には40席近い席が満席で大にぎわい。
食べ終わる頃には、並んでいる人も。

大分混んできたので、食べ終わったし次に向かう事とする。
レジでのお会計で、おつりの小銭は、ささやかなチップ代わりに(?)、レジ前のトレイに置いてくるのが流儀っぽいので、それに倣ってみました。
チップの無い文化で暮らしていると、なかなか難しいよね。

「Zabar's」というスーパーに寄ってみると、色々おいしそうな食材や、センスのあるキッチン用品が売っていたので、お土産にかわいいな~と思いつつも、今から持ち歩くのも荷物になるし、かといって、いったんホテルに戻るのも面倒なので、後日機会があれば・・・とお店を出て地下鉄へ。

実は、今夜はブロードウェイを当日券で観ようと思って、タイムズスクエアにあるtktsという割引チケット売り場に行ってみたら、めちゃめちゃ人の列!
他の日は15時からだけれど、日曜は11時から開いているとガイドブックに載っていたので、丁度良いねと思ったのに、11時からは昼間の公演分しか売って無く、夜の分は15時からと言う事でした。
そこはちゃんと書いておいてほしいわ~。ガイドブックさん。
しかも、私が観たいチケットは昼の公演が無いのか、売ってなかった。
電光掲示板に載ってないという事は無いという事なので、わざわざ並んでまで確認する事ではないわね。
と、仕方がないので、次の目的の為、来たのと違う路線の駅に向かう。

8th Av.は、路面店が。昨日の通りより広い様で、ひしめく感じはしない。
ちょこちょこ覗いては物色していたら、観光客っぽい人に「これいくら?」って聞かれたよ。
「は?」と返したら、「店の人じゃないの?」って。
売り子って事は、少なくとも住んでいる人って判断されたのかな?と思うと、ちょっと嬉しかったりするけれど、お客さんに見えなかったというのも、ちょっと複雑な心境かな。

なんだかんだと、ぶらぶらしながら、結局コロンバスサークルまで歩いて、目の前は次の目的地である「セントラルパーク」の南西の入り口なのだけれど、パーク内にある「ベルヴェデーレ城」までは歩いたらかなりの距離(地下鉄2駅分)なので、楽しようと地下鉄にColumbusCircle(59st)から乗ったら、間違えてExpressに乗ってしまい、このExpressがとんでもなくExpressで、セントラルパーク沿いでは一切止まらず、7駅も飛ばして、125stという駅まで行ってしまったのでした。北西の入り口は110stなので、とんでもなく通り越した事になりますね。
この駅ぐらいから北がハーレムなのかな? 駅に居る客層がちょっと今までの所と人種の比率が違う感じ。
特徴があっておもしろい。
ダウンタウン方面に戻るホームで待っていたら、さっきの電車で向かいに乗っていた白人夫婦が!
お互い気がついて、苦笑いでした。

後で気が付いたのだけれど、このExpressは、「Take the 'A' Train(A列車で行こう)」というジャズの曲の舞台だったのでした。あの長い時間を使ってパフォーマンスするって事ね。充分使える時間ね。あぁ、もっと堪能すべきだった。

そんなこんなで、ようやく目的地な駅81stに着き、セントラルパーク散策。
緑があふれていて、ここが都会だという事を忘れてしまうぐらい。

image-20111008004151.png

すっごく気持ちいいし楽しくって、30分ぐらいで横切れるらしいのだけれど、お城やレイクや噴水など観て回ったり、パフォーマンスしている人を観ていたりしたら、2時間ぐらい経ってました。

マラソンしている人やサイクリングしている人もいるし、ガイド付き馬車もあったりして、居るだけで楽しい。
面白いな~と思ったのが、バギーを押しながらマラソンしているママさんパパさん。
子供の散歩(?)でもあり、自分の健康維持なのかダイエットなのか・・・。負荷が掛かって運動率上がっている気がします。
(走りとしては、押しているという動作がどうなのかわかりませんが・・・)

公園内のベンダーで、ホットドックを買って食べようと思っていたのに、あまりお腹が減って居なかったので、公園を横断しきって出てしまったのだけれど、これから美術館に行くとなると、ホットドックを食べるチャンスがなくなるし、途中でお腹が空くかも…(となるとまた美術館で食事になる)と思い、公園沿いにあったベンダーで購入。

image-20111008004231.png

2$だったかな? ペットボトルの500mlのお水は1$で売っていた。
ベンダーって安い!

公園外のベンチで人の行きかうのを観ながら食べたあと、フランク・ロイド・ライト設計のグッゲンハイム美術館の外観だけ撮りに行き(前回は、ちょこっと中に入ったのと、CityPassは、昨日のロックフェラーセンターかグッゲンハイムのどちらかの選択のチケットだったので)、City Passでメトロポリタン美術館に入場。
ガイドマップを観ずに入ったのだけれど、入ったら、そこはギリシャ&ローマ帝国でした。
神殿とか良いよね~。とローマを堪能した後、今度は赤道付近の国々。
東南アジア系かと思ったら、途中からカリブ海の辺りに。そしてアフリカの方までかな?
横に繋がった地域で、大まかに似ている所が面白い。
木彫りの神様みたいなのが、どれもファニーフェイスなので、笑うのをこらえるのが大変でした。

image-20111008004305.png


その後エレベーターで4階まで行き、階段で屋上に行き、庭園堪能。
皆日光浴してます。日なた暖かい!
スムージーが売っていたので、購入して、私もセントラルパークや街を見下ろしながらの日向ぼっこ。

image-20111008004346.png

確実に日焼けしますね。ホント、NYはサングラス必須ですよ。
そういえば、室内以外、昼間はほとんどかけているわ。

喉もうるおし、陽にあたって暖かくなってきたので1階に戻り、中世美術をみつつアメリカン・ウィングに移動。
広場のイメージで展示されていて、吹き抜けから見える中二階に、フランク・ロイド・ライト設計した家にあった三連のステンドグラスを発見!
すぐにそこまでのルートを探し、じっくり堪能しに行く。
うん、やっぱりライト作品は良いね。

その後、いよいよ大本命のエジプト♪
展示している量がすごい多い!
装飾品なんて、細かいものまでショーケースの中にゴロゴロと展示されている。
ある意味、エジプトの考古学博物館より綺麗に展示している。
ここでこうやって発掘されたんだよ~って説明書きがあるんだけれど、こんなにたくさん、アメリカに有って良いの?ってぐらいありました。
これらを、元の場所に置いて観たいよね。

image-20111008004415.png

写真は、お気に入りの鳥ちゃん。
ハヤブサの姿をした神様。

中でも神殿の展示が壮観でした。
アスワンとか、ヌビアとか、エジプトで聞いた話がよみがえる♪
あぁ、またエジプト行きたいな~なんて思いつつ観ていたら、あっという間に16時でした。
ちょっとミュージアムショップをみて、西洋美術はスルー。

そう。忘れかけていたけれど、夜、ミュージカル観に行こうと思っていたのよね。
さっきのtktsは、15時から発売なので、残ってても、良くて2階席ぐらいのチケットしか残ってないかな?と思いつつ、ブロードウェイに移動する事にする。
美術館の前の通り(5th Av.)にはメトロは通って居なく、バスがなん路線か南に向かって走っていたので、初のバスにチャレンジ。バスは地下鉄と同じ会社が運営しているので、初日に買った7daysのチケットで乗れるのですよ。
バス停に貼ってあるルートが4系統有ったので、そのルートを順番に観ているうちに、まだチェックしていない路線が来てしまったので、念のため運転手さんに確認。
定額なので、前から乗ってお金払って、後ろから出る方式なので、乗る前に話して確認できるから良いね。
ブロードウェイに行きやすい地下鉄の駅がある公園の南東の所まで行きたかったのですが、そこに止まるよと言うので、早速乗車。
公園沿いをひたすら走り、ようやく目的地。
乗りなれないものに乗るのは、落ち着かないけれど、景色見えててわかるので、そういう意味では安心でした。

ところが、地下鉄の駅が中々見つからず。どうせ聞いても、次の駅とか紹介されちゃうんだから、地図的にはこの辺りに…じっくり見まわして、ようやく発見。めっちゃこじんまりとしていました。
ブロードウェイあたりは、くどいぐらいの電光掲示板で「SUBWAY」とかバーンと入っているのに対し、地味なところは、普通の地下階段にしか見えない。
良く観ると、その階段の入り口に地下鉄な表示があるだけだったり。
これはもう、慣れですね。

ブロードウェイに着き、tkts前は、昼間程ではないけれど、行列。
電光掲示板をみると、ないんだよね…。私が観たい演目。
明日は、明後日が早いので早めにホテルで休みたいし、滞在中残りのチャンスは水曜日だけ。
見逃したら後悔するだろうから、直接劇場にチケット買いに行くしかないよね。
というわけで、私のお気に入りの演目「オペラ座の怪人」の劇場、マジェスティックシアターに向かう事にする。

余談ですが、この時、気が付いたのだけれど、タイムズスクエアも公衆無料無線LANがありましたよ。
道にオープンカフェ風にテーブルや椅子出ているので、そこでPCでネットも出来てしまうようです。

tktsより少し先にある劇場に足を運ぶと、チケットオフィスは日曜は6:00pmまでとの事。着いた時、5:30pmで、危うく逃す所だった~。
平日は遅くまであいているのに、今日だけ早いって、まさか…?

中に入り、掲示板の日程を確認すると、予想どおり日曜の公演は無かったのでした…。
それじゃぁ、当日券安売りのお店でも売ってないわけだ。

気を取り直し、自分の日程を再確認して、今度の水曜日の夜8時の公演下さい。と窓口の紳士風の人に申し出る。
その日なら空きあるよ。どの席が良い?と聞かれたので、オーケストラ(1階席)をお願いする。
君一人?と聞かれて、イエスな返事をすると、席MAP出して、オーケストラで一番良い席ここだけれど良い?と聞かれた。
了承すると、135$と手数料だよ。と言われ、新品も100$札をだしたら、蛍光ペンみたいなので、線引いて偽札かどうかチェックしてた。
アメリカはお札に書いて良いのか~。確か日本はNGだったよね。
席は、後ろより?なのかな? じっくり見なかったけれど、今ある一番いい席だというし、オーケストラ席だし、経験って事で、後ろでも仕方ないね。2階席だと、お喋りする人とか居るらしいから、それより良いと思おう。
これで、ブロードウェイは確実に観れるわ~。と一安心。

まだ、外が明るかったので、先の予定だったところを前倒しにする。
ダウンタウンと呼ばれるエリアの「ワシントン・スクエア・パーク」にある凱旋門(本名はワシントン・アーチ)を撮りに行きました。
ここは近くにニューヨーク大学があるのですが、学生らしき人たちもたくさんいるのだけれど、なにか今まで(繁華街やセントラルパーク)とは空気が違う気がする・・・。
目的は撮影だけだったので、くつろぐ雰囲気でもなかったので、早々に退散。
そして、その近くにある「ブルーノート」というジャズのライブハウスの外観も観に行く。
これが、あの!と感慨もあるのだけれど、なにぶん、街の雰囲気が東京のブルーノートとは違う。
東京は青山にあるので、周りも落ち着いた感じなのだけれど・・・。
うまく言えないけれど、落ち着かないのだ。
実は、駅を降りたときから、何となくそれは感じていたのですが・・・。
というわけで、長居もせず、駅に向かう。
駅の近くの大通りなのに、なんと、SMショップが堂々とあったのでした。
皆さんも想像に難くないような、服やアイテムがショーウィンドーに堂々と飾ってありました。
並びにはどくろマークの入れ墨な感じのお店とか。
うぅ・・・これはちょっと夜は来たくないわ・・・。
人としては悪い人じゃなくても、雰囲気が怖いし。
というわけで、夜のジャズライブに一人で来るのはあきらめました。
無理無理。

一駅地下鉄で北上して、「チェルシーマーケット」という、その名の通り、マーケットに向かう。
駅からの道は、ちょっと人通りが少なくて、寂しい感じがしました。
ナビスコの工場を改装して、洋服屋さんや雑貨屋さん、カフェなどが入っている建物で、横浜の赤レンガ倉庫に雰囲気が似てるかな。
そこでおいしそうな飲み物がガイドブックに載っていたのだけれど後でにして、もう一つの目的地、「ハイライン」を目指す。
ハイラインというのは、元高架の鉄道後を遊歩道にした所で、チェルシーマーケットの横あたりから北に向かってあるらしい。
ガイドブックには、どこからどこまでとは詳しく載って居なく、今だ延長中とのこと。もっと北の方にあるのかと思っていたのだけれど、チェルシーマーケットに向かう道で高架が見えたので、すぐにハイラインだとわかりました。
しかし、チェルシーマーケットの真横にあるのに、つながっていないんです。
ハイラインはハイラインで別に登り口があって、それぞれ独立している。
繋いだ方が便利だし、人の流れも変わると思うんですが?

そんな事を思いつつ、ハイラインをプラプラしていたら、丁度夕暮れに遭遇しそうだったので、タイミング見計らって、写真に収めました。

image-20111008004517.png

良い感じの時間に来れて良かったわ~♪と思って、満足してチェルシーマーケットに戻ると、なんと日曜日は早めに閉店。
チェックしていたお店(農場の直営店?)のストロベリードリンクは飲めず仕舞い。
これなら、ハイラインで売っていた挽きたて入れたてコーヒーでも飲むんだった・・・でも、今から戻るのもなんだし、さっき美術館でストロベリースムージー飲んだもの・・・良いもん・・・とかなり残念な気持ちを引きずりつつ、駅に向かうのでした。

ブロードウェイの予定は後日になったので、夜の「エンパイアステートビル」の展望台に行ってみる事にする。

image-20111008082333.png

NYの夜の繁華街って、明るすぎるわ~ってほど、ライトアップです。
最近の東京が薄暗い(けどもう慣れましたが)ので、その差が尚更激しいです。

エントリーから入ると、まず、重厚感のあるエントランスが迎えてくれる。その横にあるエスカレーターで2階に昇るとそこは・・・

ディズニーランドのアトラクションですか!?という程の大行列でした。
早くも「人が多くて暑い!」ので、皆来ている上着を脱ぐのですよ。
何度も、「やっぱり帰ろうかな?」と思いつつ、いや、せっかくここまで来たし・・・と自分をなだめて、ひたすら長い列をじりじりと進んで行って、セキュリティチェック。
ここもまた空港スタイルです。
インドのサリーを来ている方も、民族衣装の上のショール的なものを外すように言われていたり、観光途中の人がほとんどで買い物荷物が多かったりの人も居て、もういろいろ大変。

それが終わると、チケット購入。
私は、City Passなので、チケットの列には並ばずに購入後の列にショートカットなのだけれど、そのショートカットルートが、「EXIT」と書かれていて、ホントにこっちで合ってるの?実は、ディズニーランド的に昇るのやめた~って人のルートだったりしない?と不安に駆られるものの、何とか入場。
特に仕掛けも無いエレベーターで80階まで上がり、建物の作った当時や映画キングコングに出てきたよなど、建物の事を説明するフロアで、さらにまた86階までエレベーター。
所が、「このエレベーター待ってると乗れるまですごいかかるから、階段で上がる人居たらお願いします」なんてアナウンス入って、そこそこの人数が階段に移動してくれたので、さほど並ばずに、展望フロアへの見学が可能になったのでした。

86階に着き、外部のテラスへ。
途中で、何度も帰りたくなりましたが、目の前に広がる夜景をみて、あぁ、頑張って良かった~
と思うような素敵な夜景が広がっていたのでした。

image-20111008082425.png

image-20111008082516.png

しかし、例によって高いところが怖い私には、ホント怖すぎる所です。
メッシュフェンスだけしかないし、風も結構吹いている。
寒いし怖いけれど、撮る!という気持ちだけで、頑張って一周しました。
夜だからなのか、エンパイアステートだからなのか、とにかく人多い。
フェンスの外にiPhone落としたらどうしよう・・・とか、怖いあまりについつい色々考えるものの、押してくるような人はいず、ちょっと待てば順番に撮れたので、良かった~。

一通り回ったら、大満足。
人が多いし、それよりも寒いのよ。建物内部との寒暖差が激しすぎる。
薄着なのもいけないのかもしれないけれど、手がかじかむちょっと前ぐらい。
102階へ行くエレベーターも別料金で乗れるのだけれど、正直充分。
撤収!

しかし、86階から80階へ戻るエレベーターも大行列で、またもや階段利用者を募ってます。
昇りより下りの方楽なので、階段ルートにいってみる。
階段室は途中階にはアクセスできないつくりになっているようで、非常階段としては、どうなんだろう?なんて思いつつ、80階に着。

あとはしばらく並んで、2階に戻り、エスカレーターで1階に降りて、ようやく建物の外へ。

疲れたし、お腹減ってきたな~。でも、ファーストフードっぽいお店と洋服屋さんばかりが目に入る。
このあたり、飲食店少ないのかな~?かといって、もう人ごみは疲れたので、ホテルに戻ろうかな~と、とりあえず電車でホテルの最寄駅まで移動。

この辺って、初日に散策したけれど、怪しい寿司バー的なところか、ファーストフードか、スーパーでパンとかサンドイッチと買うかしかないかな~と思いつつ、通り向かいのチェーン店ではなさそうなピザ屋が目に入る。
とは言っても、ファーストフード系の店構えなのだけれどね。
近くに行って観ると、メニューボードにパスタの文字が。
しかも、スパゲッティ―がありそう。
ここにしようか~と思うものの、男性客ばかりで、あまり居心地よさそうではないわ~。
お店に入って、カウンターの中に居る店員さんに「パスタ出来ます?」と聞くと、出来るという返事。
メニュー(電話オーダー用?)を出してくれて、好きなの選んで!と。
女性歓迎って感じの軽ーい雰囲気。ん?イタリア人か?(笑)
じゃぁ、シンプルにミートソースのパスタかなと、オーダーしていた途中に、やってきた男性のお客さんが、なんだか、クレームなのか、言い掛かりに来たのか、こっちが話しているのに感じ悪い。
店員さんが、「気にしないでイイよ~」って、そっちのお客を無視していたら、その人は帰っていきました。
なんだったの~?と思いつつ、店内で食べるのも不安になってきたので、テイクアウトにしてもらうのでした。
店内で座って待っていると、ちゃんとパスタ担当の人が居て(イタリアンっぽい名前で呼ばれてた)、ちゃんと麺をゆでて、鍋で作ってあるソースを温めていた。
その間に、サラダをパックにしていたり、パンを袋に入れていたり。
まさかそれ全部私の?
と、しばらく待って渡されたののは、大きな大きな袋でした。(笑)

甘そうな炭酸の飲み物しか売って居なかったので飲み物は買わず、店員さんに愛想よく見送られ、急いでスーパーに寄って、100%ジュースを調達。
さっそく部屋も戻ってあけると、食べきれないほどの量だったのでした。

image-20111008082543.png

でもね、パスタが、ぷりぷりのアルデンテな仕上がりで、急いで帰ってきて良かった~って思いました。
部屋でさみしく一人ごはんとは言え、味が良かった。
サラダのドレッシングがちょっと足りなかったけれど。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。